それだけではNGです!

c1369

スーツの修理(形を変える)で重要なポイントのお話です☝

せっかくプロに頼むのに、イメージと違うデザインになったら悲しいですよね?

ジャケットで一番多い修理内容はウエストを絞る、です💡

理由は痩せたから、昔のスーツは今のほど絞りが入っていないから、などなど

1qe931-24_300

ウエストを詰めれば絞られたデザインになると思い、

ウエスト詰めだけを依頼される方がほとんどです✋

しかし❕
ウエストを詰めるだけではバランスの取れた絞られたジャケットデザインにはなりません。
正確にはウエストではなくウエストとバストの間の「中胴」と呼ぶ場所を絞る必要があります☝
2つボタンシングルジャケットの一番上のボタン位置とほぼ同じ箇所です👀

中胴を絞ることで袖の付け根からウエストにかけて、キレイな曲線で絞られたジャケットデザインになります✨

2016-01-mens-wedding-after-party-fashion-rule83
デザインの古いタイプだとアーム(袖周り)も大きくつくられているので

アームも同時に詰めないと非常にバランスが悪く見えます💧

そう考えるとお直し代金も高くつくきますね、、、

だからこそ、しっかりと知識をもっている、技術をもっている、アドバイスをしてくれる

ところに依頼しましょう‼

とくにアドバイスこれが重要ですよ❗

聞いてもないのに、お直し箇所から全体を想像して、

こうしたらこうなると説明をしてくれる人に任せると安心ですよ~😌

思い入れのある一着だったり、生地柄が気に入っているとなると

新しく購入しても換えがきかないですからね~

勿論、アンダーレは修理もプロです👍😊